ブログ

埼玉での現地調査

先日、埼玉県秩父市まで現地調査へ行ってまいりました。

 

秩父を訪れたのは初めてでしたが、天候に恵まれ現地調査もスムーズに行うことが出来ました。

 

本社のある糀谷を出発して到着まで約3時間、出発後30分ほどで車酔いに見舞われましたが
ソフトクリームなどで気を紛らわせ、ひろい意味で無事にたどり着くことが出来ました。
嵐山ICのプリンソフトがなければ車内は大変なことになっていたと思います!

softcream

 

道中、薄型信号機が設置されているのを発見しました。
設置されているものを見るのは初めてでした

 

06102

この薄型信号機、とてもスタイリッシュで素敵です。

信号機に関しては従来の電球型信号機からLED型信号機の導入が進んでいます。
LED照明のメリットとして省電力長寿命であることはよく知られていると思います。
本来LED照明のメリットであるはずの「熱をあまり発しない」ことが信号機ではデメリットになってしまったそうです。

積雪量の多い地域では信号機に雪が積もってしまい、ライトの色が見えにくくなってしまうことがあるそうです。
電球型の信号機は発光する際に必要な熱で雪が解けるのでライトが見えなくなるということはめったにないそうですが、
実際に導入してみてLED型信号機のデメリットが発覚したようです。

そこで導入されたのが薄型信号機。
薄いので上部に雪も積もらず、角度が付けられているためライト側に雪は積もらないようになっています。

デザインは不便なことを見つけることから始まる
とどこかの偉い方が言っていましたがそれに則した素晴らしいデザインだと思います。

そんなわけでJINテクニカルは埼玉の山の中でもすぐに現地調査に伺います!
太陽光発電設備の設置工事から弱電工事、LED設置工事、LAN工事など、電気工事と電気通信工事であれば概ね可能です。
お気軽にお問い合わせください!

カテゴリー一覧

ページ上部へ戻る